菊陽町図書館ロゴ
 
ホーム      ご利用案内      本をさがす      図書館ホールへのご案内      図書館ブログへ
 

童話発表大会

童話発表大会について


趣 旨 

     ・子どもたちに、童話に楽しむ機会やおはなしを発表する機会を提供することで、  

       読書意欲や読書力の向上と、豊かな心の育成を図ります。


留意点

     ・童話発表は、物語を読んで感動した時に、それを誰かに伝えたいということから始まりました。
      誰かにおはなしを語ることなので、童話発表大会では原稿は持ちません。
      しかしながら、暗唱を目的としたものではありませんので、原作どおりに一字一句忠実に覚える必要はありません。
      物語を自分の言葉で伝えることが大切です。

     ・作品については「童話(日本、外国、創作など)、民話など児童の  読み物を対象とする」となっています。
 県立図書館の見解としては、基本は「物語」、広く「児童向けの 内容」としています。
 「作者の意見評論文」や「児童向きではない内容」などはあまり好ましくないとされています。

その他 (審査要領より)
・それぞれの学年にふさわしい内容か     

     ・子どもらしい発想で、話の山場など組み立てが工夫されているか

     ・話の中身をよく理解し、しっかり自分のものにしているか

     ・聴き手に話しかけるように、声の強弱、緩急、間の取り方が工夫さ れているか

     発表時間が極端に短かったり、オーバーしていないか

      (発表時間:1~2年生は5分、3~6年生は7分、30秒以内の発表時間の過不足は、 

       減点の対象としない。題名、学校名、学年、氏名の発表も時間に含む)
     ・自然で落ち着いた話しぶりであるか

      (特に低学年では、明るくいきいきとした態度に考慮する)


    以上を踏まえて、自信を持って堂々と、楽しんで発表して下さい。


    ※菊陽町大会の過去の発表作品一覧はこちら(PDF 174KB)