菊陽町図書館ロゴ
 
ホーム      ご利用案内      本をさがす      図書館ホールへのご案内      図書館ブログへ
 
ホーム > 図書館ボランティア> 布えほん布和理 

布えほん製作ボランティア 布和理(ふわり)

  布えほん製作ボランティア
「布和里(ふわり)」
 

 「布和里(ふわり)」は、菊陽町図書館で使う布えほんを製作するボランティアグループです。
 毎週水曜日の午後2~4時に図書館の視聴覚室で活動しています。

 平成22年10月7日、グループの発足の際に
 
「やわらかい布えほんを通して、みんなが和やかになり、このボランティアグループが
 みんなの集まるところ(里)になるように」

 との思いを込めて、「布和里(ふわり)」と名づけられました。




  

 布えほんとは・・・。
 アップリケをした布地にマジックテープやスナップ、ボタンなどを使って、
 絵を外したり動かしたりして遊ぶえほんのことです。

 布えほんは、赤ちゃんや子ども達だけでなく、すべての人が布の持つやさしさやあたたかさ、
 手作りのぬくもりを感じることのできるものです。

 布和里の作る布えほんはすべて手作りです。布えほんの製作には時間と手間がかかります・・・。



 
    これまでに作った作品です。
       子どもたちに大人気!
  
 ひと針ひと針、布えほんで遊んでくれる
 子どもたちのことを思いながら縫っています。
  



  


  毎週、2時間は参加しないといけませんか?
  水曜日の午後2~4時の間であれば、自由に参加できます。
   都合の悪い時はお休みされてもかまいません。


  初心者でも大丈夫ですか?
  大丈夫です!!
   わからないところはまわりの方が教えてくださいます。
   やってみたいという気持ちがあれば大丈夫です!


  材料や道具は持ってくるのですか?
  材料は図書館で用意しています。道具(縫い針など)は、
   個人で持ってこられている方もいらっしゃいますが、
   図書館でも用意しています。
   「ちょっと時間があるから図書館に寄って作っていこう」
   そんなこともできます!


         ちょっと興味はあるけど、どうしようか悩まれている方、
         水曜日の午後、視聴覚室をのぞいてみてください。
  


 
 
 活動内容:布えほんの製作
 募集内容:図書館で使うための布えほんを製作していただける方
 活動日  :毎週水曜日 午後2時~4時 (第3水曜日はお休みします)
          ※この時間帯であれば、自由にご参加できます。
 活動場所:菊陽町図書館 視聴覚室
 参加費  :無料
 問合せ  :菊陽町図書館

          ここで製作した布えほんは、菊陽町図書館に残していただき、
          広く図書館の資料として活用させていただきます。